キャッシング 随時返済

キャッシング 随時返済

キャッシング審査キャッシング審査の最新情報キャッシング 随時返済


キャッシングの返済方法


キャッシングで借り入れすると、借り入れした瞬間に返済の方法を決めなければなりません。
方法には、通常の毎月返済(約定返済)と余裕がある時の追加返済(随時返済)の2つがあげられます。
この基本となる2つの返済方法を、しっかりと守って返済していれば問題がないのです。

キャッシングの毎月返済(約定返済)について


まず、通常の毎月返済(約定返済)について、いくつかのケースがあります。
・ キャッシング会社の規定で、申し込みにより決まった返済日となる。
・ キャッシング会社の規定で、決まっているいくつかの返済日から選択する。
・ 利用者が、任意で返済日を決めることが出来る。
・ キャッシング会社の規定で、35日ごとなどの決まりがある。

上記は、キャッシング会社ごとに異なるケースが考えられます。
当然、給料日であったり、返済がしやすい方法を決めるのは利用者本人であるため、自分の生活スタイルにあった方法を選びましょう。

■返済日をしっかりと守ること
毎月の返済日に指定口座から引き落とされることが、毎月返済(約定返済)の流れですから、引き落としの前日日までにはしっかり入金確認をしましょう。

もし、延滞した場合は、信用情報に登録されたり、延滞利息(遅延損害金)がかかるケースがあります。
特に問題がないキャッシングの利用を続ければ、たくさんのメリットを得ることにつながります。

例えば、現在の設定されている金利を下げてくれたり、借り入れ限度額を大きくしてくれたり、キャッシングの利用が円滑に進んでいる方にはさらに柔軟に利用が出来るように配慮してくれるわけです。
言い換えれば、キャッシング会社としては信用のある顧客を確保するためのサービスともとらえることができます。

逆に、返済が延滞した利用者には金利が高くなったり、借り入れ限度額が小さくなったりと、リスクが高まる仕組みとなっているのです。
同じお金を借り入れしているのに、多く利息を支払わなければならないなんて、もったいない話ではないでしょうか。

そうならないために、返済プランを明確にして、返済日をしっかりと守ることが最も重要だと言えます。


キャッシングの随時返済(追加返済)について


キャッシングの返済方法のもう一つに随時返済(追加返済)があります。
毎月の決まった返済(約定返済)以外にも追加で、指定口座への入金やローンカードでATMにて返済をすることです。

この返済の大きな魅力は・・・
約定返済は ”元金 + 利息”に対して、随時返済は ”元金がそのまま返済”となります。 

※随時返済分は、返済金額すべてが元金に当てられます。

例えば、随時返済額が10,000円の場合、10,000円の元金(借り入れしている金額)が利息がかからずに減るのです。
この随時返済(追加返済)をコツコツとおこなえば、総返済額にもかなりの大きな違いがうまれることは容易に判断できます。

また、総返済額だけでなく、返済期間も徐々に繰り上げられるといったメリットもあります。
実際にキャッシングの返済でもっとも使われている「残高スライド元利定額リボルビング返済方式」は、上記と言えます。

そのため、借り入れ当初は返済額のうち、利息が占める割合が大きいので、元金が中々減りません。
もっと元金を減らしたい利用者は、随時返済(追加返済)を多くおこなうことをオススメいたします。

キャッシングの総括まとめ


いくら頑張って、随時返済(追加返済)をしても完済できなければ、毎月の返済(約定返済)もおこなわなければなりません。
随時返済(追加返済)に一生懸命になるあまり、毎月の返済(約定返済)に困り、延滞しないように無理のない返済をおこないましょう

毎月の返済(約定返済)が間に合わなければ、遅延損害金を支払わなければならなくなりますので、そうなれば本末転倒となってしまいます。
キャッシングをする際には、キャッシング会社の返済方法をしっかり確認することも忘れないでください。


下記ページでは、安心してご利用できる大手の会社をご案内しています。
審査基準<<ローン総合案内所>>低金利、即日融資も可能!
キャッシングの審査や予備知識を無料公開!








Copyright (C) キャッシングの随時返済(追加返済)について All rights reserved  利用規約運営企業金融系サイト集