キャッシング 金利・手数料

キャッシング 金利・手数料

キャッシング審査キャッシング審査の最新情報キャッシング 金利・手数料


はじめに


キャッシングの金利・手数料を確認することで、そのキャッシングの返済にかかる利息がわかります。
実際に利用者がもっとも考えるのは金利であり、その返済などにかかる手数料です。
それは、借り入れした際にかかる元金はそのまま返済するのは当然ですが、その他にいくらかかるかを決めているのがキャッシングの金利・手数料だからです。

キャッシングの金利・手数料を確認する


キャッシング会社には、低金利といった宣伝広告がもはや常識的に派手におこなわれています。
貸金業の儲けどころの金利を前面に打ち出しているのですから、もう他社と差別化する特色もそろそろ頭打ちなのでしょうか?

ここで利用者が冷静な判断を求められるのは、低金利だからといって安易に借り入れする傾向にあることです。
現代の低迷する経済状況下、少しだけ借りようといった方が大変多いという結果が財務局の統計にありました。

すなわち多くの借り入れは必要ないのです。
毎月1〜2万円が足りないばかりに借り入れしてしまう利用者が急増しています。
そして、借り入れして数ヶ月がよかったのですが、以後また少しだけ足りないから返済ができないという流れへと移行します。
これは「いつの間にか少しづつ収入が減っていた」という返済困難者の典型的な形といえます。

気がつかないうちに、「残業が少しづつ減ったから残業手当がつかない」・「いつもならこの商品を買っていたけど今回はコチラの安い商品にしよう」などの積み重ねが後に大きく効いてくるのです。
借り入れしたら最後、完済が見えないという状況にならないように、できるだけ借り入れ=返済の道のりが見えないなら、借り入れしないでバイトでもした方が全然良いのではないでしょうか。

いずれにしても、低金利だからと借り入れするのではなく、このぐらいの金利だと上手く返済ができるといった考え方をしないといけない時代になっています。
あまりにもたぶん大丈夫だろうといった曖昧な考え方では、中々まかり通らない世の中ですから、ベストな返済プランのために低金利を選ぶことが”借り入れ条件”なのです。

■金利の算出方法は下記となります。

【 借り入れ残高 × 実質年率 ÷ 365日 × 利用日数 】

(例)10万円 × 15% ÷ 365日 × 15日 = 616円 の利息がかかります。

これだけ見ると対してかからないと思うかもしれませんが・・・

◎30日借り入れした場合
(例)10万円 × 15% ÷ 365日 × 30日 = 1,232円 の利息がかかります。

◎60日借り入れした場合
(例)10万円 × 15% ÷ 365日 × 60日 = 2,465円 の利息がかかります。

◎120日借り入れした場合
(例)10万円 × 15% ÷ 365日 × 120日 = 4,931円 の利息がかかります。

※上記は、単純に金利に関してのみの計算です。
実際は、毎月の返済をしながら元金は一ヶ月(30日)ごとに、徐々に減っていきます。

いずれにせよ、借り入れ額が大きくなれば利息は比例して大きく増額していきます。
問題は、生活レベルが下がってきた利用者がこの返済を続けることができるかどうかという点です。

低金利だからとついつい借り過ぎてしまった!は、既にキャッシング会社の営業にかかってしまっています。
言い方は悪いですが、まさに作戦通りに顧客を確保したというキャッシング会社の思惑にかかったといえるでしょう。

しかし、低金利で貸付しているキャッシング会社もそう美味しくないのではないでしょうか?
いくら貸付しても以前に比べて(利息制限法)、営業利益の低下はやも得ないのですから、貸金業者も一生懸命なはずです!

現在は利息制限法の制限利率により、下記のように定められています。

■元金が、10万円未満の場合は、年20%

■元金が、10万円以上100万円未満の場合、年18%

■元金が、100万円以上の場合、年15%

以前の違法な闇金業者などは、年25%以上というのもザラでした。。


下記ページでは、安心してご利用できる大手のキャッシング会社をご案内しています。
審査基準<<ローン総合案内所>>低金利、即日融資も可能!
キャッシングの審査や予備知識を無料公開!








Copyright (C) キャッシングの金利・手数料を確認する All rights reserved  利用規約運営企業金融系サイト集