キャッシング 勤続年数

キャッシング 勤続年数

キャッシング審査キャッシング審査の最新情報キャッシング 勤続年数


はじめに


キャッシング審査の中で、収入面の中で重要視されるのは、年収でもなく勤務先でもなく、勤続年数なのです。
キャッシング会社は、利用者の信用度を図るために、あらゆる面から判断します。
貸付条件にもある安定した収入がある方とは、勤続年数の長さが判断材料として適しているということなのです。

勤続年数とキャッシング審査の関係


利用者の信用度を図るためには、信用情報期間からの過去の利用履歴ではいかがでしょうか?
キャッシングの利用履歴から、どのような考え方か、ちゃんと返済してくれるのかは判断できますが、貸付条件にもある安定した収入がある方を満たすような点を見極めることはできません。

例えば、年収がいかに高い方でも勤続年数が短い方は安定しているとは言えないですし、年収がまあそこそこで勤続年数がずっと同じでは、一般的に ”安定度=信用度”と考えられます。
キャッシング会社は、審査基準の中で ”年収=信用度”とは一概には判断しないことが考えられるのです。

しかし、キャッシングの利用者の職業や社会的な地位も考慮しますが、正社員であっても契約社員であっても、勤続年数をより評価するといっても過言ではないでしょう。
この評価は、一般的に審査が難しいとされている個人事業主(自営業)の方でも同様で、まさに”継続は力なり!”といった長い勤続年数をより良く判断してくれます。

キャッシング会社の審査基準には、通常 勤続年数6ヶ月以上と言われていて、これ以下だと借りることができない もしくは最低貸付額に近い結果となってしまうのです。
この最低ラインではなく、会社員なら1年以上の勤続年数が目安で、自営業は3年以上が目安という判断基準があるのです。

当然、審査基準には他にも判断する目安があるわけですから、勤続年数が少なくてもチャンスはあるということです。
審査基準は、【収入・住居・個人情報】の大きく3つの項目から、点数化することで合否判定がされているので、その他の項目で良い判定がされれば審査に通ることも十分に考えられるのです。

ただやみくもに審査を出したのでは、申し込みブラックになってしまうので、どうか気をつけましょう。
せっかく審査に通る可能性がある方でも、審査に自信がないばかりに複数社に申し込みをしてしまう状況に陥りやすいのです。

申し込みブラックには、おおよそ4件以上と件数が明確にいわれていますので、覚えておきましょう。
実際に申し込みを出すとすれば、3件までと決めておく必要があります。

もし、上記のことをいろいろふまえても、審査落ちた場合は勤続年数をもう少し延ばしてから、再度チャレンジするのです。
きっと年齢・勤続年数・年収もあがり、トータルとして審査基準を満たすようになっているかもしれません。


下記ページでは、安心してご利用できる大手の会社をご案内しています。
審査基準<<ローン総合案内所>>低金利、即日融資も可能!
キャッシングの審査や予備知識を無料公開!








Copyright (C) 勤続年数とキャッシング審査の関係 All rights reserved  利用規約運営企業金融系サイト集