キャッシング 金利

キャッシング 金利

キャッシング審査キャッシング審査の最新情報キャッシング 金利


キャッシングの金利とは?


キャッシングの金利とはなんでしょうか。
レンタルビデオでビデオを借りたら、レンタル料金がかかります。
それと同様に、金融機関でお金を借りたらレンタル料金として金利がかかるということです。

ビデオもお金も返さなければどんどんとレンタル料金がかさんで増えていってしまいます。
返す際は、ビデオやお金と一緒にレンタル料金や金利をまとめて返す形となります。

貸し出し期限内にビデオを返さないと延滞料金がかかるように、お金も期限内に返済しないと延滞金がかかります。
どちらの場合にも返すことが遅れてしまうと、「信用」が失われるので、気をつけましょう。
例えば、ビデオ屋に行っても会員証を解約されてしまいもう借りれないなど、金融機関でも審査に通らなくなり、お金を借りれなくなります。

なんで金利が付くの?


金利は、「お金を借りたいという需要」と「お金を貸したいという供給」とが、常に変動しながらもバランスを取りながら水準を保っています。
たとえば、「お金を借りたいという需要」が「お金を貸したいという供給」を上回ると、とうぜんお金が足りなくなり金利が上昇していきます。
また、逆に「お金を貸したいという供給」が「お金を借りたいという需要」を上回ると、お金が余ってしまい金利が下落していきます。

お金の金融市場では、お金を売ったとしても買い手からもらうのもお金ですから全く意味がありません。
金融市場においては、お金を貸したり借りたりすることにより発生する手数料”金利”が、取り引きされます。

「お金を借りたいという需要」をもった方、「お金を貸したいという供給」をもった方が、取り引きにより発生する手数料”金利”を、両者がお互いに上手くバランスをとることでお金の金融市場が成り立っていきます。

金利の動き


金利は、いわゆる経済状況を反映しているともいえます。
そのため、世の中の景気が上昇している・・・停滞気味・・・といったことが大変密接した関係にあります。
金利の動きは、金融にかかわる仕事の方だけではなく、家庭の経済を直撃します。
では、どうやって金利の動きを知り、判断することができるのでしょうか。

まず金利にも大きく分けて2つの種類があることを把握しておきましょう。

【短期金利】・・・日本銀行によって調節がおこなわれることがあります。
お金の供給量(資金量)をモノの価値(物価)をみながら判断し、日本国内の経済状況を安定させます。

【長期金利】・・・短期金利の影響も受けながら、投資家の景気判断がおこなわれ、長期資金の需要と供給のバランスによりきまります。

【短期金利】も【長期金利】も、世の中の資金需要を反映して変動し、単純に貸し借りの期間だけの違いではおさまりません。

金利と景気判断


では、金利による景気判断はどうなのでしょうか。

投資家は、長期資金を運用しますので、世の中の資金需要を覗いながら取り引きをします。

よし景気がこれから上向きと判断した場合、投資家は資金を調達してどんどん長期の投資に力を注ぎこみます。
金融市場でお金の供給量(資金量)が足りない場合は、資金を調達する投資家の増加に伴い、取り引きにより発生する手数料”金利”が上昇していきます。
なぜ、金利が上昇しても資金を調達するかというと、投資家がつねに考えている景気判断の中で儲かるメリットを確信したからでしょう。
こうして、資金を調達する動き(資金需要)が高まるにより、金融市場で投資家は競い、やがて”金利”が上昇するのです。

逆に、これから景気が下向きと判断した場合は、資金を調達する投資家は減少します。
こうなれば金融市場でお金の供給量(資金量)が余剰となりますので、金融機関などは低金利でも良いからとにかくお金を貸したいという供給が生まれて、”金利”の値下げ争いとなります。

上記のように、長期金利は景気が上がると上昇に転じやすく、景気が下がると長期金利も低下しやすい特徴があります。

このように、基本的には景気が好転すると思われる場面では長期金利が上昇しやすく、景気が悪くなりそうな場面では長期金利が低下しやすい環境になるのです。


[※当ページの貸付条件は、2013年3月7日時点の情報です。]


下記ページでは、安心してご利用できる大手のカードローン会社をご案内しています。
キャッシング、ローンの情報満載、審査でお悩みの方はこちら
カードローン審査基準<<ローン総合案内所>>低金利、即日融資も可能!
キャッシングの審査や予備知識を無料公開!








Copyright (C) キャッシングの金利とは?なんで金利が付くの? All rights reserved  利用規約運営企業金融系サイト集