住宅ローン キャッシング

住宅ローン キャッシング

キャッシング審査キャッシング審査の最新情報住宅ローンのキャッシング


住宅ローン キャッシングの特徴・詳細・申込み!


住宅ローンは、夢のマイホームを取得する際、自宅を購入するためにほとんどの人が利用するローンサービスです。
どんなローンが住宅ローンなのかをご存知でしょうか?
また、住宅ローンを利用するための条件など基本的な知識を知っておきましょう。

住宅を購入する際に、全額を現金で支払うという方はほんの一部です。
ほとんどの人が住宅ローンを利用し、支払いが可能な限度を設定します。

住宅ローンは他のローンと違い、誰でもが簡単に組めるものではありません。
単に家を購入するからと言って、申し込んだ方が誰でも借り入れができるわけではありません。

まず、住宅ローンはどういうものか?基本的な知識をしっかりと身に付けましょう。
住宅の購入には、一般的には住宅ローンが欠かせません。

住宅ローン キャッシングの特徴!


自分が住むために、家を購入するためのローンが住宅ローンです。
つまり、住宅取得以外の目的には利用できません。

◎目的別の住宅ローンは、資金使途について以下のように定められています。
・ 自分が住むための住宅の購入、建築のための資金であること。
・ 自分が住むための住宅の増改築資金であること。
・ 住宅ローンの借換え資金であること。
・ 住宅購入のための諸費用であること(一部の金融機関)。

原則として、ご自分が住む場合に利用することが出来るのですが、両親が住む家や別荘・セカンドハウスといった住宅の場合にも利用できます。
この資金使途の取り扱いは、金融機関によって異なる場合があります。

例えば、土地の購入のみや賃貸用の住宅購入には利用できない点を、しっかりと考慮しましょう。
ただし、土地を購入する場合に目的が注文住宅を建てるためであれば、問題なく住宅ローンをおこなえます。

住宅ローンを組んだ場合は、通常は6ヶ月以内に住宅を建築することを、誓約書としていれるなどが住宅建築の条件となります。
住宅の条件として、建築期間は金融機関により様々にきめられているので、諸事情を詳しく聞いてみるとよいでしょう。

<<ローン総合案内所>>”低金利”のローン・キャッシングをお探しの方へ!

住宅ローン キャッシングの詳細・申込み!


住宅ローンの特徴には、いくつも条件がありますが主要な点で、健康状態も借入で影響します♪
当然ながら心身が健全であることが返済をおこなえることにも当てはまるというわけです。

以下に住宅ローンを組む際の条件をまとめてみました。
◎金融機関の住宅ローンが利用できる人の条件は?
1. 借入時の年齢が満20歳〜満65歳以下で、最終返済時の年齢が満80歳以下であること。
2. 前年度税込年収が、200万円以上であること。
3. 現在の勤め先に3年以上勤務していること(自営業の場合は3年以上の事業実績)。
4. 団体信用生命保険に加入できること。
5. 所定の保証会社の保証を受けられること。

上記は、一般的な金融機関の条件です。
また年収について明記しない、下限も決めていない場合もあり、金融機関ごとの所定の審査によるものです。

【ただし、原則は安定した収入があること】ですから、専業主婦などで収入がない(0円)、定職が無いという場合には当然ながら借入れはおこなえません。

勤続年数についても、明記しない金融機関が多く見られます。
実際にちゃんと収入があるか、しっかり勤めているかが大きな着目点のようです。

近年の経済状況から、金融機関によっては勤続年数が短くても借入れ可能と判断されているようです。
ただし、2〜3年以上の勤務期間がある方が、当然ながら借入れできる金融機関が多くなるので選択肢が増えます。

年収と勤務年数の関係からみると、つまり安定した職業だから良いではなく、収入も一定金額以上で安定していることなどの要件が必要になります。
このことから、年金だけの収入での借入れはできず、また一般には会社員の場合には正社員でないと借入れは難しくなるなど、満たすべき用件が関わってきます。

上記のような要件は、一般的な銀行の場合ですがフラット35は借入れできる人の要件は少し異なるようです。
年収の下限や勤続年数についての定めがないため、契約社員、派遣社員の方でも前年度の年収を証明するものがあれば、その年収に応じた金額までは借入れが可能となります。

見落としがちな点として必須なことは、「団体信用生命保険に加入できること」という要件です。
万が一にそなえた生命保険に加入できるか、つまりは体が健康かどうかということです。

フラット35は、原則として団体信用生命保険に加入ですが、たとえ加入できなくても借入れはできるのです。
民間の金融機関でも一部の銀行では、団体信用生命保険の加入を任意にしているところもありますから、他にも借入れする手段はあるということです。

ただし、やはり健康な方が選択肢は増えますので、健康状況にも十分に留意しましょう。
実際には、住宅ローンの借入れをおこなうには、人の要件以外に物件の審査も必要です。

金融機関は総合的に判断しますし、金融機関ごとに審査の基準は異なります。
もしも、住宅ローンの申込みをして一つの金融機関に融資を断られた場合でも、他の金融機関にも相談してみると良いでしょう。

[※当ページの貸付条件は、2013年5月22日時点の情報です。]
※内容詳細につきましては、住宅ローンを取り扱うHPや店舗にて[商品概要詳細]をご確認ください。

住宅ローンは、住宅ローンを取り扱う銀行や組合、金融機関などの近くにお住まいのある方・勤務先がある方が主に利用されています。
下記ページでは、安心してご利用できる大手のカードローン会社をご案内していますので、どうかご覧ください。


キャッシング、ローンの情報満載、審査でお悩みの方はこちら
カードローン審査基準<<ローン総合案内所>>低金利、即日融資も可能!
キャッシングの審査や予備知識を無料公開!








Copyright (C) 住宅ローン キャッシングの特徴・詳細・申込み|キャッシング審査 All rights reserved  利用規約運営企業金融系サイト集